とじてん

架空の雑誌の架空の頁を「綴じる」展覧会

特別イベントについて

今回も空想読書シリーズ恒例スペシャルイベントご用意してます!

tojitan_fukuro580

イベントその1「とじたん袋つくろっ!ワークショップ」

軽くて丈夫なふすま紙を利用して、「とじてん」で綴じて作った冊子がすっぽり入る袋を作ります。 袋は丈夫なので、本の持ち運びや、気になったイベントのチラシを入れて持ち歩く際にも便利です。 完成したものに、オリジナルのスタンプを押して完成です!

『とじたん袋つくろっ!ワークショップ』
日時:9/12(土) 15:00~
   9/13(日) 11:00~/13:00~/15:00~/17:00~(各回45分程度)
講師:グッチ/赤犬・みにまむす
場所:レトロ印刷JAMのお店
人数:10名程度(当日参加も可能ですが、材料の関係でご予約いただいた方が確実です)
予約:info@folkbookstore.com まで、人数・お名前・ご連絡先を明記の上メールをお送りください。
参加費:1000円
fukuro450

【講師のご紹介】
貼り切ってまいりまSHOW 水口グッチ(ミュージシャン/切り絵ギャグ漫画家)

大阪に活動拠点をおく大所帯バンド「赤犬」に所属。パーカッションとアートワーク全般を担当。
また、赤犬のメンバー四人からなる大道芸的音楽団「みにまむす」ではおしゃべりと、手作りガラクタパーカッションを鳴らして大騒ぎ。さらに、みにまむす内別ユニット「ミクロムス」では大声をはりあげ唄う。

Eテレ「ストレッチマンハイパー」(2010~)では子どもと一緒に工作やゲームで遊ぶ宇宙人「にーくん」として出演。切り絵、イラスト、漫画の連載など幅広く創作活動も平行しておこなっており、工作のワークショップ「貼り切ってまいりまshow」では音楽、遊び、図工をベースに作りながらコミュニケーションを育む活動を展開している。

活動の内容等は「みにまむす」のホームページ
http://www.minimamus.com     

live_lux580

イベントその2「リュクサンブール公園フリーライブ」

オープニングを記念して、見るひとみんなをおだやかに、そしてニコニコさせてくれる楽団リュクサンブール公園をお招きし、フリーライブを行います!
この日のお昼間に『とじたん袋ワークショップ』を行うグッチさん(赤犬・みにまむす)をゲストに迎えた セッションも!入場無料です。どしどしお越しください!

『リュクサンブール公園フリーライブ』
日時:9/13(日) 20:00~
出演:リュクサンブール公園
ゲスト:グッチ/赤犬・みにまむす出演:
場所:レトロ印刷JAMのお店出演:
入場無料!

【アーティストご紹介】
1334450_45リュクサンブール公園
アコーディオンとパーカッションの楽団、1998年結成。大阪を拠点にゆるやかな音楽活動を繰り広げる。理想はメキシコのマリンバ楽団風を目指しつつ、アコーディオンという特殊なカテゴリーにおいて、メロウでポップで、のんびりのびのびしたオリジナル楽曲を演奏している。

kamimono580

イベントその3「だいたん予想!紙もの雑貨のこれから」

日常にすっかり溶け込んだSNSにより、チラシやDMなどの紙を使う文化が弱ってきている一方、紙を用いた雑貨を作る作家さんは逆にうまくSNSを宣伝に使い、目にする機会が増えています。
そんな状況のなか、オリジナルの紙もの雑貨を作る先駆者である夜長堂の井上タツ子さんと出版、編集、イベント運営の他に紙もの雑貨を販売・プロデュースまで手がけられている手紙社の渡辺洋子さんをお招きし、紙もの雑貨の現在、これからのことをどう想像されているかをお話いただきます。
ご来場の方にはかわいいお土産もあります。ぜひぜひお越しください。

トークイベント『だいたん予想!紙もの雑貨のこれから』
日時:9/20(日) 19:00~
出演:出演 井上タツ子/夜長堂
   渡辺洋子/手紙社
   聞き手/吉村祥(FOLK old book store)
場所:レトロ印刷JAMのお店
入場無料!

【出演者ご紹介】
手紙社 渡辺洋子
東京都出身の編集者。短大卒業後、大手通信会社に入社し宣伝担当者に。「億」の金を動かしたこともあったが、「土かも」と思い退職し、一路フランスへ。ブルゴーニュ地方の画家の家に住み込み、半年間ガーデナーとして庭仕事に明け暮れる。帰国後、フランスでの経験を生かし、2001年『マイガーデン』編集部に勤務。2004年副編集長に就任。2006年にはLLP方式で『まるごとわかるオリーブの本』を企画・出版。2008年には第2弾『はじめてのオリーブ』を出版。2006年、北島らと「もみじ市」を企画・開催。2008年4月、北島とともに「手紙社」を立ち上げる。
 
夜長堂 yonagadou
夜長堂は関西を拠点として活動している井上タツ子の屋号。「モダンJAPAN復刻ペーパー」と題したかわいくて 懐かしい雰囲気のペーパーや、レターセットなどの商品展開を自身で行うほか、さまざまなアーティストや企業 とのコラボレーション商品の開発・イベントの企画など、幅広く活動中。また、ビルの魅力を紹介するBMC (ビルマニアカフェ)のメンバーとして、いいビルを使ったイベントの開催やリトルプレス「月刊ビル」の 発行にも精力的に携わっています。夜長堂の由来は、坂口安吾の短編小説「夜長姫と耳男」から。姿は見え ねど何時でもどこかで開店中。

著書
『乙女モダン図案帖ー大正昭和の紙もの・布のかわいいデザイン』(2010年)
『夜長堂の乙女モダン蒐集帖』(2014年)
共著
『いいビルの写真集』(2012年)
『いい階段の写真集』(2014年、以上発行元パイ インターナショナル)
 

kakuhen_night580

その4「架空編集者ナイト!」

今回もやっちゃいます!とじてん参加者様とお客様との交流の場「架空編集者ナイト」を開催します。どなた様でもご参加できるお気楽なパーティーです。あんな作家やこんな作家で和気あいあい、ここから新しい何かが生まれるかも?綴じた人も綴じられた人も、みんなで一緒に楽しみましょう!

※ちょっとしたお飲物等はご用意してますが、なにか一品の差し入れがありましたら大変嬉しいですが、なくてもご遠慮なく!

日時:日時 9/26(土) 17:00~
場所:レトロ印刷JAMのお店
入場無料(差し入れ大歓迎!)

Pocket

公開日:
最終更新日:2015/09/08