とじてん

架空の雑誌の架空の頁を「綴じる」展覧会

原稿のつくりかた

この度は「とじてん」の「架空の雑誌の架空の頁募集」にご興味をお持ちくださりありがとうございます。応募される際の原稿の作り方についてご説明します。

1:「架空の雑誌の架空の頁」について

今回募集する「架空の雑誌の架空の頁」の募集原稿は以下となります。

1:架空の雑誌の名称およびその説明(120文字程度)

2:上記架空の雑誌の中の架空の頁の原稿
  条件は以下となります
・右綴じ
・用紙はA4。裏表使用(2頁)
・実際の仕上がりサイズは横(幅)190mm×縦(長さ)267mm
・使用できる紙の種類は15種類の中から1種類
・使用できるインクは全28色の内1または2色
・印刷範囲は応募テンプレートの青線内枠の印刷範囲内

3:製本される雑誌(とじたん)用の作者コメント(30文字程度)

小説やエッセイ、マンガにイラスト、はたまた目次から占い、クロスワードパズル、袋とじなど、公序良俗に反しない限り内容は自由です。

2:テンプレートデータもしくは専用原稿用紙をご用意下さい

「とじてん」に応募される場合は、専用のテンプレートデータもしくは専用原稿用紙以外での応募はできません。お手数ですが下記よりダウンロードしてお使いください。尚、手書き原稿用紙・応募用紙については実費にてお送りすることも可能です。郵送ご希望の方は下記駒鳥文庫までお問い合わせ下さい。



【お問合わせ先】
〒530-0041 大阪市北区天神橋1-14-11 天神ビル1F 駒鳥文庫
tel/fax:06-6360-4346 email:info@komadori-books.jp

3:紙とインクの種類をお選び下さい

「架空の雑誌の架空の頁」制作にあたり使用出来る紙の種類は15種類の中から、インクは全28色のうち1色または2色を選んで使用出来ます。

紙の種類について

とじてんでご利用頂ける用紙は下記の5種類です。

わら半紙
誰もが一度は耳にしたことのある懐かしい「わら半紙」。レトロ印刷定番の紙です。

クラフト紙
あらゆるデザインによく使われる紙。柔らかな茶色がレトロな雰囲気です。

色紙(全9色)
今回は9色の色紙をご用意しております。一色刷りでもいい感じに仕上がります。

レトロ紙A
限定紙。わら半紙より少し厚く、紙のザラザラ感は強め。 マガジン紙に近い紙です。

レトロ紙B
限定紙。わら半紙より少し厚く、紙のザラザラ感は強め。 マガジン紙に近い紙です。

レトロ紙C
限定紙。わら半紙より少し厚く、紙のザラザラ感は強め。 マガジン紙に近い紙です。

※紙についての詳しいことはレトロ印刷JAMさんの「紙のこと」をご覧下さい。 (上記以外の紙は使用出来ません。ご了承下さい。)

『インクについて』

とじてんでご利用頂けるインクは

朱・赤・紫・濃紺・紺・青・水色・緑・若葉・黄緑・橙・ラムネ・黄色・茶・灰色・黒・蛍光オレンジ・蛍光ピンク・黄土色・白・透明・もも・ラベンダー・ミント・シトロン・ローズ・アクア・コーラル

全28色です。そのうち1色または2色を選んで使用出来ます。

レトロ印刷の特性上、ズレ・色落ち・混色・ムラなどがおこります。それらを味と捉え、個性あふれる紙面を考えて下さい。

※インクについての詳しいことはレトロ印刷JAMさんの「インクのこと」をご覧下さい。(上記以外のインクは使用出来ません。ご了承下さい。)

【注意!】

レトロ印刷のインクは半水性(エマルジョン)のインクのため、完全に色定着しません。そのため、触れるとインクが手についたり他のものに色が移ってしまいます。ベタ面が多いほどインクがたくさんのるため、色落ちしやすい仕上りとなります。
雑誌の特性上、ベタ面が多いデザインは極力お避け下さい。また、紙によって特に色落ちしやすい性質のものもございますので、気になる場合は事前にお問い合わせ下さい。

4:1色につき1ファイル(紙原稿では1枚)で作成して下さい

レトロ印刷の特性上、色ごとに版をわける必要があるため、1色につき1ファイル(紙原稿では1枚)で作成して下さい。またそれぞれの色のファイルはグレースケール(紙原稿の場合は黒一色)で作成し、各ファイル(紙原稿)に使用する色を記入して下さい。

レトロ印刷では、使用する色ごとに単色の版を作り1色ごとに印刷していきますので、データ上の色は印刷には反映されません。その為、CMYKやRGBのカラーで作られたデータのままでは、拾いづらい色が多くクオリティが低くなってしまいます。また、画面上の濃淡が印刷濃度に反映されますので、濃度別にデータを分ける必要はありません。

5:レトロ印刷の特性上、混色しますのでご注意下さい

レトロ印刷のインクは、色を重ねると混色してまったく別の色を表現できます。多色になればなるほど混色も複雑になりますので、実際に印刷してみないと分からない事が多いですが、色々な混色で遊んでみてください。

混色したくない場合は、別の色同士が重なる部分に「白抜き」を作ると混色せずに印刷できます。しかし、レトロ印刷ではズレが発生いたしますので、白抜き部分も微少にズレて印刷されますのでご了承下さい。

7:綴じる方向・印刷範囲に注意

今回の「架空の雑誌の架空の頁」は最終的に無線綴じで製本されます。右綴じ製本されますので、1頁目(表)は右端側が、2頁目(裏)は左側がのど(綴じる面)となります。ですので、こののど側は製本された際には若干見えにくくなります。

また、レトロ印刷の特性上、全面印刷は出来ずに、上下左右に余白が生じてしまいます。原稿制作の際は、応募テンプレートの青枠内の印刷可能範囲に原稿を作成してください。余白部分に入っているデザインは印刷されませんのでご注意下さい。手描き原稿の場合も同様に、応募原稿用紙の安全範囲内に原稿をお作りください。

7:原稿のデータ入稿について

応募フォーマットはAdobe Illustrator または Adobe Photoshopadobe PDF となります。IllustratorとPhotoshopは cs5.5 までとなります。データ入稿の際はテンプレートデータを必ずご使用下さい。


注意

  •  ファイル名は日本語を使用せず、必ず半角英数にして下さい。またMacintoshの方は、必ず拡張子をつけてください。
  • テキストデータに関しては、必ずアウトラインを作成して下さい。印刷の特性上、5pt以下の文字は上手く印刷されない場合がありますのでご注意下さい。
  • Photoshop使用の際は、解像度200dpi(pixel/inch)以上で制作して下さい。
  • Illustratorで画像使用の場合は、JPGまたはPSD形式で、配置ではなく必ず埋め込みをして下さい。データ制作に関する詳細はこちらをご覧下さい。

8:原稿をお送り下さい

作品が完成しましたら、当サイトの「応募受付」から、版下データ・出力見本を【版下データ入稿】よりアップロードしてください。その後、同じく「応募受付」【応募フォーム】より必要事項・アップロードファイル名等を入力の上、応募申し込みを行ってください。(メールでのデータの直接送信はご遠慮下さい)

また手描き原稿で応募の方は、手書き原稿のコピー(A4サイズ。オリジナルの原稿は応募者の方で保管して下さい。原寸(A4)・縮小不可)と応募用紙出来上がり見本(実際の完成カラーイメージがわかるもの)を同封の上、下記応募先まで郵送して下さい(作品送付時の送料は応募者様負担とさせていただきます。)。

応募締切:2015年8月30日(日)必着

※郵送の際に必要な応募申込用紙(PDF)は下記アイコンよりダウンロードしてお使い下さい。


【応募先】
レトロ印刷JAM
住所:〒531-0072 大阪市北区豊崎6丁目6番23号
TEL:お店 06-6225-8186 / 工場 TEL 06-6485-2602 FAX:06-6485-2603
メールでのお問い合わせはこちら

9:最後に

レトロ印刷の特性上、ズレ・色落ち・混色・ムラなどがおこりますが、それらをあえて活かした、味わいのあるあなただけの架空の雑誌の紙面を考えてみて下さい。その他、原稿作成する上で技術的なことはレトロ印刷JAMさんでもメールでお問い合わせ頂けます(お問い合わせの際は「とじてんについて」と一言添えて頂けると助かります)。皆様奮ってご応募下さい。

【とじてんについてのお問い合わせ】
駒鳥文庫(代表)
住所:〒530-0041 大阪市北区天神橋1-14-11 天神ビル1F
TEL/FAX:06-6360-4346   EMAIL:info@komadori-books.jp

Pocket

公開日:
最終更新日:2015/07/06